ゲーム開発日誌タイトル画像
IT技術部終了のお知らせ
Windows Server 構築

プロフィール



Twitterでシェア
Facebookでシェア
Google+でシェア
はてなブックマークに追加
Pocketで後で読む
投稿日時:2018/04/01 12:00:00
更新日時:2018/04/11 14:33:54

雨上がりの読書
ネットでのハンドルネームはYiガオとして活動しています。Yiガオと書いてイーガオと読みます。元サイトのIT技術部の方で書いたプロフィールはかなりネガティブだったので、それでは自分の宣伝にはなりません!

このページでは自分を売り込むために、そして少しでも閲覧者のみなさんが僕のことを知ってもらうために記述します。まずは簡単なプロフィールを。僕は絵が描けて、作曲ができて、素材に頼らないで一人でゲーム開発をすることを夢見ています。今はまだ実力はありません。が、夢は夢のままで終わらせません。本気で頑張っていくために当サイトを立ち上げました。

本名瀬長一高(せなが かずたか)
生年月日1987年10月生まれ
出身沖縄生まれ沖縄育ち
学生時の部活野球 / 卓球 / 新体操(一ヶ月)
学歴高校卒後一浪して入れなかった大学を諦めIT系の専門学校へ進学
使えるプログラム言語C(学校で) / Java(学校で) / C# / VB.NET / PHP / JavaScript / Windows API
使えるデータベースOracle(学校で) / SQL Server / MySQL / PostgreSQL(仕事で)
使っているCGソフトIllustrator CS4 / Photoshop CS4 Ex / CLIPSTUDIO PRO / Shade 3D 13 Standard
使っているDAWSinger Song Writer Lite8 / GarageBand / SoundBooth CS4
Facebookhttps://www.facebook.com/yigao.jp
Twitterhttps://twitter.com/YigaoJp
Instagramhttps://www.instagram.com/yigao.jp/


Yiガオの由来

イーガオは中国語です。自分の名前である一高を中国語読みするとyigaoとなりそのアルファベットとカタカナを組み合わせてYiガオとしました。ビジネスでは覚えてもらいやすくインパクトのあるハンドルネームが重要です。覚えやすいかはともかくインパクトはあるかと思います!

10年前くらいから中国の成長は今後世界一になると予想されていたので、中国語に興味はありつつもノータッチでした。しかし会社の研修で偶然中国語の講義を受けることになったのです。講義をしてくださる中国人の先生は生徒である僕らの名前をフルネームで中国語に訳してくれて、そこで初めて中国語で読む僕の名前はイーガオなんだと知りました。

技術者としての沿革

CG2009年にPhotoshopなどセットになったAdobeのソフト(Production Premium CS4)が学割が利く学生時代に10万円をもって購入しました。お金が足りなかったので宝物を全部売ってそれでも足りなかったので3万円ほど親に出してもらいました。この頃から絵を描き始めました。
DTM音楽制作をするために今ではスマホなどのツールがありますが、僕はガラケーのFlashやアプリでずっと音感を鍛えていました。初めて手にしたDAWのSSWLite6は2008年に4年ぶりのリリースとのことだったので安くてタイミングがよかったので買ってみました。Windows7では使えなくなっちゃったので今はLite8を新しく使っており、たまに作曲しています。


業務履歴
2009年12月プログラミング(PHP)をやりながらDTPができる仕事を見つけて頑張っていました。ここでIllustratorをかなり勉強しました。
2012年 3月空港系システムで某パソコンメーカー下でテスト要因として働く。ここで初めてVisual Studioの効率のよいデバッグ方法を勉強できました。
2012年 3月-自動車保険の管理システムをASP.NETで実務経験しました。当サイトの管理ページも同アーキテクチャで作られています。様々なノウハウをもらいました。
2012年 5月-某銀行本社の管理システムを保守していました。銀行のシステムは凄い。SQL文だけで数百行あるとかざらです。
2013年-長いのでまとめます。自分が携わった開発及び保守業務は
スマホのアプリの開発 / 某ショッピングセンターのWebサイトの保守 / 図書館の本管理システム / 某自動車メーカーのWebサイト保守 / 行政機関Windows Serverの保守。


最後に携わったのがWindows Serverの保守でしたが、その経験がなければ当サイトもWindows ServerでWebサイトを立ち上げることはなかったと思います。働いていたときはずっと使える技術はメモを取って自分の力に変えていく努力をしていました。

僕がバリバリのプログラマだった頃に就いていた企業はシステムインテグレーターと言って、ヘルプを頼まれたら派遣のように飛んで行ってクライアントに従属する仕事内容でした。そのおかげで一つの案件が終われば別の派遣先に勤務するという、いろいろなシステムやサービスを経験できるとても良い環境で働かせてもらっていました。まあこの業界では深夜残業とか当たり前の世界でパンクしそうにもなりましたが。

一人でゲーム開発をする理由

今から10年以上も前のことです。浪人生の夏頃に季節の風物詩であるホラーゲームがやりたくて、ガラケーのアプリをあれこれ探していました。内容は見ないで最も評価が高い適当なアプリをダウンロード!

タイトルは知る人ぞ知る「歪みの国のアリス」です。今はスマホで無料で遊べますよ。僕は読解力はないし、文章を読むのがすこぶる遅いのでテキストベースのアドベンチャーゲームをプレーするのは正直好きではなかったのですが、見事にハマりました!恐怖あり、笑いあり、涙ありの人間の感情を揺さぶる内容の全てが文章として、BGMとして、そしてグラフィックを通して伝わってくるのです。制作会社はナイトメアプロジェクトで当初はそこまで大きな会社ではなく、超少数精鋭で開発していました。

ガラケーのアプリも含めて当時の自分はゲームってコナミやカプコンなど大手の会社でしか制作できないものだと思っていました。それが、小さな会社でもアプリを作ることができる。人を感動させる作品を作ることができると衝撃を受けていました。

そうして何を思ったのか、自分もプログラミングができるようになってゲームを作りたい。自分の考えたシナリオを世の中に公開したい。何なら作曲をして、絵なんかも描いちゃって、ナイトメアプロジェクトのような人を感動させる作品を作りたい!!そう強く思うようになったのです。

お絵描きソフトを買い、音楽制作ソフトを買い、時には自分には才能がないんだと全てを放り投げ、それでも時間が経つと野心が戻ってきて練習をまた始めるのです。はてさて一人でゲームを作り上げることができるのか、気長に見守っていただけたら思います。
コメント一覧
お名前:

コメント:
left773109right
 表示されている6桁の数字を入力してください。
 (※スパムコメント対策です。)
00007269