URLに潜む危険な罠


Home > ブログ > IT技術部(動画) > アップロード

Twitterでシェア
Facebookでシェア
Google+でシェア
はてなブックマークに追加
Pocketで後で読む
投稿日時:2017/04/20 17:34:18
更新日時:2017/04/22 15:59:02
image
未知の脆弱性でもない限り、コンピュータウイルスについて神経質にならなくても大丈夫です。
基本、入られるときはどれだけ対策をとっても入られるから。
動画にある中級編と上級編に関しては、正直作った側の僕でも対処できません。サーバ内のプログラムはブラックボックス化されているため、その先の挙動を予測するのは不可能なのです。ただし、セキュリティについてちゃんとアップデートなりアンチウイルスソフトなり行っていたら、そのページを踏んでもそう心配する必要はありません。
今回作ったプログラムはリダイレクトと言って、指定のURLから別のページに飛ばす方法を解説しています。上級編はロジックを公開すると悪用されそうなので、その件に関しては話していません。注意していただきたいのは本動画はデモであり、実際にウイルスを作った訳ではありません。感染する場合にはこんなことが想定できますよ。と云うことです。参考になればと思います。
コメント一覧
お名前:

コメント:
left240381right
 表示されている6桁の数字を入力してください。
 (※スパムコメント対策です。)
T 0035 / Y 0031 / PV 00396478