舌下錠シクレストを服用して副作用がキツイため一週間で止めた話


Home > ブログ > 日常雑記 > メンタル

Twitterでシェア
Facebookでシェア
Google+でシェア
はてなブックマークに追加
Pocketで後で読む
投稿日時:2017/04/12 11:47:18
更新日時:
image
統合失調症で症状が徐々に悪くなっているような気がしたので、ジプレキサから新しい薬である舌で舐めて溶かして飲むシクレストを医師と相談して試してみました。僕の症状ですが幻聴や幻覚などはなく、ただ単純に自分の考えていることが多くの方に伝わってしまっているような感覚があったため、それについて精神安定剤を服薬していました。
最も、ただの被害妄想であればよいのですが・・・詳しくはこちらの記事を参照してください。
僕が服用してきたジプレキサやエビリファイ、リスパダールは持続率が高くて一日一回の服用で済みますが、シクレストは即効性が物凄く高くて代わりに持続率が少しだけ低くて一日二回飲まないといけません。これらの薬で一番副作用で悩んでいた副作用が眼球上転と云い、目が上につる症状です。よくジプレキサは食欲増加作用があり体重が増える方がたくさんおられるようですが、僕の場合はその副作用は全くなく、二週間に一度ほどなる眼球上転がただただ辛いくらいでした。
眼球上転って目が上につるだけじゃなくて、同時に急激に不安感に駆られるんですよ。例えて言うなら高所恐怖症の人が足の踏み場も悪い崖の上をよじ登っていく感じでしょうか。 それはただ目に見える景色が怖いだけではなく、肌をなぞる風の感触であったり、今にも陥没しそうな土の音など五感に作用する不安感が眼球上転の症状にも当てはまります。
運転中に三度ほどなったことがありますが、前を向いていられないと同時にじっとしてもいられないし、とにかく不安でもし症状が出たら副作用止めのロラゼパム(僕の場合は)を頓服して効き始めるまで20分間は狼狽えます。
精神安定剤を服用している方で眼球上転やその他重い副作用が定期的に出る方はシクレストは注意が必要です。冒頭でも述べましたが、シクレストは即効性が非常に高く副作用が出るのもそれに比例して早くなると感じます。 僕がシクレストを断薬した理由は、ちょうどその日は二週間に一回の頻度で起こる眼球上転の日だったのです。眼球上転になる時ってだいたい感覚で分かるんですよ。そしたらロラゼパムを頓服しますが、その時はシクレストが眼球上転にも効くかもしれないと思って使ってみました。そうしたら強烈な眼球上転に加えて動悸や手の震えなど悪い副作用が一度に表れてしまって、副作用止めのロラゼパムをいつもの倍頓服しても治まらず、2時間くらい耐えていました。
とにかくその時は大変で、取り合えず副作用止めが効かないからシクレストの濃度を下げるため水ばかり飲んでいました(効果はあったのだろうか)
その体験が怖くて以後、飲むのを止めました。副作用をシクレストで止めようとすると大変なことになりますよ!体調に変化があったら時間を置いて、落ち着いてから頓服することをお勧めします。
コメント一覧
お名前:

コメント:
left756378right
 表示されている6桁の数字を入力してください。
 (※スパムコメント対策です。)
T 0035 / Y 0031 / PV 00396471